ペットショップの現状

ペットを飼っている人でペットショップを利用したことがない人はまずいないでしょう。

最近は街のあちらこちらで見かけるペットショップ。

1兆円産業といわれるペット業界において着実にその数を伸ばしているペットショップですが、その急激な伸びに比例して、トラブルも急増しているようです。



ペットを飼いたいと思ったときに、まずペットショップを訪れる人は多いでしょう。

ペットの種類が豊富で、飼育に必要なものはすべてそろいますから、すぐにでもペットを飼い始めることができるわけです。

最近のペットブームの波に乗って、ペットショップの数は年々増えていますが、飼ったペットがすぐに死んでしまったなどの苦情も増えているようです。



ペットを購入する時に一番多く利用される入手先はペットショップではないでしょうか。

ペットの種類も豊富で、関連商品も数多く揃っています。

欲しいペットが決まれば、飼育に必要な用品がその場ですべて揃う手軽さが受けているのでしょう。

加熱するペットブームに後押しされ、ペットショップは着実にその数を伸ばしていますが、購入者からの苦情も増えているようです。



子犬や子猫を飼いたいと思ったときに、まず訪れるのはペットショップではないでしょうか。

ペットショップに足を運ぶと、可愛いペットたちが愛くるしい眼差しを向けてくれますので、思わず微笑んでしまいます。

思わず衝動買いする人も多く、ペット人気に後押しされて急成長を続けるペットショップですが、顧客とのトラブルも急増しています。



ペットショップと言えば、ほとんどの人が小さなショウケースで子犬や子猫を展示している風景を思い浮かべるのではないでしょうか。

ケースの中から愛嬌を振りまく姿に惹きつけられて、何度も足を運ぶ人も少なくないでしょう。

ペットブームの波に乗って急成長したペットショップですが、その陰でペット購入者とのトラブルも急増しているようです。

ペット関連商品紹介

ペット用自動給餌器 わんにゃんぐるめ 外出時も安心

大好きなワンちゃんネコちゃんの為のわんにゃんぐるめ♪★★


あなたの代わりに給餌当番♪お知らせメッセージ機能付!!

ちょっとした外泊時などにとっても重宝しますよ☆

● 小型犬、猫兼用(室内据置型)

● 餌はドライタイプ専用

● タンク容量約700gの大容量

● 24時間タイマー毎日5回分を簡単セット

● 1回のセットを約10〜80gまで(10g刻み)設定可能

● メッセージが給餌前に流れオリジナル音声で録音も可能







シンプルでかわいいカジュアルな一枚!♪◆ミャオTシャツ◆

『miaow!』の文字が背中に入っていて、シンプルでかわいい、カジュアルな一枚。

オールシーズン対応の部屋着としてお勧めです。

着脱しやすいボタン式。






ペット用竹炭マット 小(小型犬・猫用)

【サイズ】
カバー:530×480mm
中芯:470×420mm

【厚さ】
8mm

【重量】
約400〜440g
(竹炭ですので、多少重量が変わります)

【素材】
表地:綿100%
中芯:ポリウレタン70%・竹炭30%

【カラー】
紺色・水色






ペット自動給餌器!あなたの代わりに餌当番!!わんにゃんぐるめ


留守中もペットが安心してエサを食べることができる

☆ドライタイプの餌専用のペット自動給餌器!

小型犬、猫に。タイマーでセットした時間になると、設定した量のエサがトレイに出てきます。

給餌前に流れるメッセージにあなたの声を録音することができます。






スーパーキャット 固まるネコ用トイレ砂 竹のブレンド


植物素材の相乗効果で機能を高める新発想。

燃やせる+しっかり固まる+すっきり消臭を実現。

竹炭パワーでクリーンなトイレ環境!





SOMETHINGブルーと白のチェックの首輪


ジーンズで有名な『EDWIN』のSOMETHINGシリーズの首輪。

“SOMETHING”の白タブがついていて、とってもカジュアルで可愛いんです。お散歩も楽しくなること間違いありません。

無地の首輪などにに比べ、チェック模様は可愛らしさを引き出してくれます。

カジュアルな雰囲気で、決めたいときにいつもの首輪と使い分けてもOK!

その日のお洋服とコーディネートしてきめてみては?

しかも、Sサイズ以上の首輪には、刻印革パッチもついていて、超レアです!

ジーンズ好きにはたまりません。


サイズ(mm):SS 10×200〜330
       S 15×260〜400
       M 20×350〜500
       L 25×480〜700


ペットの雑誌

愛犬家のための指導及び情報を提供する


愛犬の友


1952年創刊、人と犬をつなぐ掛け橋となるべく、犬の飼育のノウハウから、ドッグ・ショー、しつけ、文化史、動物福祉などの専門分野までを取り上げながら、犬の文化向上に努めてきた犬の総合誌。最近の日本の犬事情はもちろんのこと、海外のドッグ・ショーや犬情報も多数取り入れ、またブリーダー広告などの情報も豊富で内容盛りだくさん。これから犬を飼われる人の相談相手として、長く飼われている人の研究書として、また、これから犬に関する仕事をされる人の手引書として、満足できる保存版の犬の月刊雑誌。



アクアリウム専門誌


フィッシュマガジン


人気熱帯魚の最新情報はもちろん金魚・水草・爬虫類・両生類までアクアリウム情報を贅沢に掲載。誌面も美しい写真を中心とした構成で読みやすく初心者から上級アクアリストまで満足のいく内容になっております。毎号、迫力ある観音見開きページ付きでアクアリウムワールドに誘います。



猫好き必見のネコ雑誌


ネコまる


「ネコまる」は、季刊誌「猫びより」の姉妹誌で、読者参加型の投稿猫雑誌です。写真、エッセイ、イラストなど読者オリジナル・猫作品、写真の撮り方講座や著名人が撮影した猫写真の公開など盛りだくさん。猫好きならではの愛情あふれる作品が見られます。


深く、正しく昆虫のことを知りたい人のための、硬派な昆虫専門月刊誌


月刊むし



1971年3月から 30年以上発行されつづけている昆虫専門の月刊誌。クワガタムシやカブトムシはもちろん、カミキリムシ・タマムシ・オサムシなどの甲虫全般、蝶・蛾、トンボ、バッタなど、世界の昆虫の最新情報が掲載されています。図鑑のような解説記事、新種の命名記載や分類・分布・生態などの新知見、国内外の採集紀行など、幅広く、深く掘り下げた内容の情報が満載。年間12冊のうち数冊は、「クワガタ特集」「カミキリ特集」「短報特集」「前年度の昆虫界をふりかえって」などの特集記事が組まれています。昆虫の初心者には難しくてとっつきにくいかもしれませんが、昆虫界の正確で最新の知識を得るためには必要不可欠な雑誌です。



驚きと感動に満ちた自然の一部を私達の生活の中に招き入れる。それがビバリウムです。


ビバリウムガイド



ビバリウムガイドでは、さまざまなビバリウムメイトの中から爬虫類、両生類からサソリ、タランチュラまでを紹介しています。他の人と変わった生き物が飼いたい方にオススメ!

ペットの代表は犬その中でもゴールデンレトリーバーは人気の高い犬種

ゴールデンレトリーバーはラブラドールレトリーバーとともに人気の高い犬種で、2005年のジャパンケネルクラブの犬種別登録頭数の大型犬の中では、それぞれ1位、2位を占めています。

特にゴールデンレトリーバーは、その名前が示すとおり、やわらかな黄金色の毛並みを持ち、従順でおとなしい性格であることから魅力を感じる人が多いようです。



温和で物静かな姿からは想像しにくいでしょうが、ゴールデンレトリーバーはもともと狩猟犬として繁殖されたガンドッグのグループに属します。


その歴史は1800年後半からと、それほど古くはないですが、意外と謎の部分が多い犬種です。

飼い主に対して忠実で判断力が優れているため、現在では盲導犬や介助犬として多数活躍しています。

しかし、いくら賢く飼いやすい犬だからといっても、最低限のしつけは必要です。

子犬の時から基本的な服従訓練、社会性を身につけさせることができなければ、その能力を十分に発揮することができないばかりか、飼い主との溝が深まり、飼い続けることが苦痛になったりすることもあります。

また、大型犬ですから小型件よりは、はるかに運動量が必要であることも頭に入れておく必要があるでしょう。


大型犬の魅力は飼ってみないとわからないかもしれませんが、もし少しでも興味があるのなら選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょう。

特にゴールデンレトリーバーは飼い主の期待を裏切らない犬種です。外で飼うもよし、室内で飼うもよし、きっと素敵なパートナーとして飼い主を満足させてくれると思いますよ。


ゴールデンレトリーバーの魅力

ゴールデンレトリーバーと言えば、やわらかく流れるような黄金色に輝く毛並みが魅力ですが、性格が従順でやさしく、知能が高くてしつけがしやすいことから、室内で飼える大型犬としての人気が高まっています。

身体もがっしりしていて丈夫であるため、子供や高齢者がいる家庭でも容易に飼えることも魅力となっているようです。


飼い方については特に注意することが少ないほど飼いやすい犬種ですが、基本的なしつけや服従訓練は必要ですし、適度な運動は欠かすことができません。


どんなに優れた潜在能力を持っていても、それを引き出してやることができなければ、ゴールデンレトリーバーが本来持っている魅力を楽しむことができなくなってしまいます。

また、運動量が十分でないと健康面で問題が発生することもありますので、要注意です。



大型犬を飼いたいと思っている人は、小型犬にはない魅力を感じているのでしょう。

ゴールデンレトリーバーは大型犬としての魅力をたっぷり持っている犬種です。

外だけではなく、室内でも飼いやすく、家族の一員としての存在感は非常に大きいものがありますから、ペットライフを満喫するには最適です。

今から大型犬を飼いたいと思っている人には、ぜひ勧めたい犬種ですね。

ペットショップの中には管理面に問題がある店も

実はペットショップの中には利益第一主義で、ペットのことを生き物と考えていないと思われるほど、管理面に問題がある悪質なところもあるようです。

子犬や子猫を長時間狭いケースの中に放置し、糞の処理もおろそかになっているところでは、ペットの健康面に問題が生じるのは明らかで、買ってすぐに死んでしまったと言う苦情が多く寄せられるのも当然のことでしょう。



ペットショップの中には生態に対する管理がずさんで、中には動物に対する虐待が問題になったところもあるようです。

ペットショップの70%以上が100u以下の狭い店舗の中で、生態を販売していることが2004年5月の共同通信の記事で報じられていますが、狭いゲージに閉じ込めたままになっている状況が容易に想像でき、改善の必要性が指摘されているのも頷けます。



たくさんあるペットショップですが、生態の管理に関する質のばらつきが大きく、ペットショップの選び方を間違うと、購入後のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

ペットショップは生態管理に関する統一された基準がなく、それぞれのショップで独自の基準により運営されています。

生態に対する愛護精神よりも、販売効率や利益を最優先させるペットショップもあるわけです。



ペットショップと購入客とのトラブルで一番多いのが、買った生態がすぐに死んでしまうと言うことです。

購入後の一定期間については何らかの保障や保険をかけているペットショップもあるようですが、このような保障が必要ないように飼育環境の改善を図ることがペットショップに求められています。



驚くかもしれませんが、ペットショップの大半は100u以下の狭い店舗で運営しています。

必然的に子犬や子猫などの小動物を狭いゲージで長時間放置するような劣悪な飼育環境になってしまうところが多くなってしまうわけです。

このような環境で飼育された場合、購入後に体調を崩して死んでしまう可能性が高くなります。

トラブルの発生が多くなってきているのも当然でしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。